【お試し5ヶ月目】楽天アンリミット(RakutenUnLimit)4か月目の請求額は?

rakutensim Rakuten UN-LIMIT

楽天モバイルサービス「Rakuten Unlimit」の無料お試し期間5ヶ月目に入りました。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

2020年4月8日から始まった楽天アンリミット(Rakuten Un-Limit)無料お試しキャンペーン。

楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます


申し込む際は「端末とセット」か「Simカードのみ」のどちらかから選択できます。

ご利用の流れ

筆者は対応端末Aquos Sens3 Plusを事前購入してから、【楽天モバイル】無料キャンペーンのSimカード(nanoSim)プランに申し込みました。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

楽天アンリミット(Rakuten Un-Limit)4ヶ月目の請求額は?

楽天アンリミット無料お試し4か月目(8月分)の請求額は77円でした。

楽天アンリミット料金

4か月目迄の料金

(初月の3,300円は初月のみかかる事務手数料。オンライン申し込みキャンペーンの条件を満たせばポイントバックされて実質無料に♪)

電話をかけるときは必ず下記アイコンの「Rakuten Link」アプリを立ち上げて電話をかけます。(付属の通話アプリから電話をかけてしまうと通話料が別途かかります)

RakutenUnlimitを4カ月使ってみた感想は?

「楽天回線エリア」であればデータ制限なしで使い放題ですが、当方の使用エリアは「パートナー回線エリア」のため月5GBまで使えます。(5GBを超えても低速モードで最大1Mbpsで使えます)

お試し期間5か月目に入りましたが、常にパートナー回線エリアの通信速度でも何ら不自由を感じることなく使えています。

主な利用用途はインターネット検索とTwitterやYoutube視聴等のSNS利用で、常に低速モード「データ高速モード」をOFF)の状態で使っています。

「低速モード」=「データ高速モード」をOFF↓

楽天アンリミット低速モード

低速モードにすると解像度の高い画像の多いページの表示に時間がかかったり、Twitterの埋め込み動画が止まることがあります。ゲームアプリを使う時も低速モードだとフリーズする可能性が高いです。

また、低速モードの状態でスマホアプリの更新を行うと長時間かかってしまうため、Wi-Fi環境のあるときにアプリを一気に更新するか、月末に残ったデータ容量(パートナーエリアは5GBまで)で高速モードで更新するのがスムーズです。

先月も月末ギリギリまで低速モード(「データ高速モード」OFF)で使い、月末最終日にデータ高速モードを有効にしてアプリの更新を一気に行いました。

低速モードでYoutubeは途中でフリーズすることもなくサクサク見られるし、アプリの更新も月末にまとめてするのでストレスなく使えています。



下記の機種は楽天モバイル対応Android機種。おサイフケータイ機能付きで手の平にちょうど収まるコンパクトサイズ。これを普通に買えば2万円以上↓↓

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp



明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】

タイトルとURLをコピーしました