【お試し2ヶ月目】楽天アンリミット(Rakuten Un-Limit)パートナー回線エリアの使用感と利用1ヶ月目の請求金額はいくら?

rakutensim Rakuten UN-LIMIT




楽天モバイルサービス「Rakuten Unlimit」お試し期間2ヶ月目に入りました。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

2020年4月8日から始まった楽天アンリミット(Rakuten Un-Limit)無料お試しキャンペーン。

楽天モバイルのLTE通信、3G通信はつながりやすさ、スピードはドコモと同じ!
他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます


申し込む際は「端末とセット」か「Simカードのみ」のどちらかから選択できます。

ご利用の流れ

筆者はAndroid派(Aquos好き)なので、対応端末Aquos Sens3 Plusを事前に購入しました。(「Rakuten Un-Limit」キャンペーンでSimカード(nanoSim)プランに申し込みました。)

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

Rakuten Un-Limitの1ヶ月目の請求額は?

先着300万人まで1年間の月額プラン料金無料キャンペーンで申し込んだので初月から無料ですが、初月だけ事務手数料が3,300円※かかりました。
※【2021年6月追記】今後は契約事務手数料も無料♪1年間無料キャンペーンは終了し、「3か月間無料キャンペーン」に変更。「月データ1GB以内は月額料金無料」キャンペーンが追加。


 

2ヶ月目は今のところ請求額0円です♪

Rakuten Un-Limitパートナー回線エリアでデータ残量を減らさない方法?

「楽天回線エリア」であればデータ制限なしで使い放題ですが、当方の使用エリアは「パートナー回線エリア」のため月5GBまで使えます。(5GBを超えると低速モードで最大1Mbpsになります)

 

2ヶ月目のデータ残量(2020年6月25日時点)

月末に近いのに、0.7GBしか減っていません。

 

そのワケはこちら↓

「データ制限モード」を有効にしているからです。
(データ制限モードの操作方法はこちらの記事

1日あたり1GBは使ってましたが「データ制限モード」を有効にして使うことでデータ残量は減りませんでした。(その代わり低速モード(最大1Mbps)での接続になります)

通常のネット検索やYoutube視聴であれば「データ制限モード」を有効(ON)にして使ってもほとんど違いが分かりません。強いて言うなら画像が多いページだと表示されるまでにタイムラグがありますが、それほど気になりませんでした。

大きなデータをダウンロードをする際は低速モードのままだとかなりの時間がかかるので、アプリのダウンロードやアプリの更新を素早く行いたいときにだけ「データ制限モード」を解除(OFF)することで効率よくデータ消費できます。

特に大きなデータをダウンロードすることもなければ月初~27日頃まで「データ制限モード」を有効にしておき、月末の2~3日で「データ制限モード」を解除して残りのデータを消費すればデータ残量を無駄にすることなく使いきれます。

下記の機種は楽天モバイル対応Android機種。おサイフケータイ機能付きで手の平にちょうど収まるコンパクトサイズ。これを普通に買えば2万円以上↓↓

 

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp



明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

面接無しで最短その日から仕事可能【プチジョブ】

タイトルとURLをコピーしました